ホノルルでも、ローフードよりやはりスープの勝ち!

ラビング・ハットのフォー 写真提供 ハンナ・カミンスキーこの冬の間にはハワイに居てさえも、やはりスープは大変喜ばしい食べ物だし無くてはならないものである事を実感した。皆様がいつも好んで食べている料理のより健康的なビーガンバージョンを紹介できる事が嬉しいです。
最近ホノルルに居る読者からこんなリクエストを受けました。
私のルームメートが今晩のご飯はヘルシーに行こうって言うから、カピオラニのビーガンレストランの前を歩いたのを思い出しました。
おすすめのいい所とか食べ物とかありますか?」

彼女が言ったのは、きっとグリーンズアンドヴァインズカピオラニ通り909番)のことだけど、ホノルルの天候って、昔から寒いです。(そう、比較的寒いって意味)なので生野菜のローフードを選ぶのは、植物性食品を食べるという点で彼らを説得できるとは思わないなと思いました。


かわりに、ラビング・ハット(南キングストリート1615番)のセットメニューをおすすめしました。何種類のなかから2つ3つ小皿を選べるからです。
「今日のような日は是非フォー(ベトナムのスープ)かロイヤルヌードルスープを頼むべきだ」と付け加えました。
次の日に彼女からこんな報告をくれました。

すごい!ものすごくいいお勧めでした!
私たちはサマーロール(めっちゃおいしい)、ゴールデン・ナゲット(パン粉のついた大豆でできてるナゲット。面白い味でしたがあまり好みではありませんでした)、素晴らしいフォー(本当に最高!食べて、食べて、食べまくったのにそれでも大きな容器に入れて持って帰りました)、そしてルームメイトはグールー・カレーを頼みました。彼女は一日三回それを食べても飽きないぐらいおいしいと言ってました。

ビーガンじゃない人にとってもこれはエキサイティングなニュースです!ホノルルで最初のビーガンレストランの一つ、そして世界最大のビーガンレストランチェーンの一部のラビング・ハットにこれを持っていくべきです。

~~を含むいくつかのオアフにあるビーガンレストランのメニューオプションをレビューしました後、

楽園で健康的な食事を取りながら節約する方法

ビーガンはロイズで何か食べられる?

旅行中は健康的な食事を楽しんで節約しよう!
そして
オアフでのたくさんのビーガンなアロハ

・・・もっと分かりやすくて完璧なホノルルでのビーガンレストランガイを作る時が来たと実感しました。
ビーガンレストランはわずか5つしかないかもしれないが、フレッシュジュースバーなどビーガンでも楽しめるオプションがどんどんと増えてきています。ここでビーガンが好みそうなカフェをいくつかご紹介します。ご期待ください!

コメント欄にあなたのお気に入りのビーガンでも楽しめるレストランをお教えください。

 僕と天才的カメラマン、ビーガンの料理本の著者であり、ブロガーでもあるハンナ・カミンスキー
幸運なことに、天才的カメラマン、そしてビーガンの料理本の4冊の著者であり、ブロガーでもあるハンナ・カミンスキーが今年初めにホノルルを訪れていた時にラビング・ハットのフォー(上の写真)を撮影してくれました。

そしてハンナのビーガンお菓子教室に参加し、 「フランケンストーム・パイ」とピーナッツバターのショートブレッドクッキーを試食する事ができました。
ハンナ、ありがとうございました! !

This post is also available in: 英語

コメントを残す