究極の消防士ダイエット

ビーガン向けの食事についてのアドバイスや簡単でおいしいレシピーを探しに、このサイトに来てくれている人もいるかもしれませんが、乳製品やたまごも含む動物性食品を食べずにビーガンはどのように生きていけるのかだけに興味を持って、ここに来てくれた人もいるでしょう。

ビーガンは、厳格なベジタリアンと一般に言われていますし、ベジタリアンですらビーガンになることは大変すぎると思っているようです。でも、ビーガンで長くいると、ビーガンになったばかりの時の頑張り感は感じません。

ビーガンになろうと考えている人にとっては、ビーガンの食事に関する誇張は抗しがたいものでしょう。ビーガンとしての生活を少しでも楽にスタートするために、「菜食ベースの自然な食事」を勧めています。食べていけないものを考えるのではなく、これから食べられるたくさんの植物性食品に目を向けましょう。

「葬られた『第二のマクガバン報告(The China Study)」を初めて読み、著者コリン・キャンベルが勧める1か月の挑戦(今まで、ずーとチーズバーガーを食べ続けていたとしても、1か月ぐらい食べなくても死にはしない、というもの)には準備ができていると思った時、菜食ベースの食事に移行するための助けとして、なぜ、この本の出版社が中国に学んだ(China Study)食事法レシピーの本を出版しないのか不思議でした。

実は、リップ・エセルスティンの「消防士ダイエット(The Engine 2 Diet)」には、そのレシピーが書いてあります。リップ・エセルスティンは尊敬されている心臓病専門医であるコールドウェル・エセルスティンJrのご子息で、スポーツ選手としても成功し、消防士でもあります。コレステロール値が344で心臓発作が避けられなかった同僚を消防士ダイエットを発明して救いました。

エセルスティンの本ではダイエット法(2つの予備事例の驚くような結果から、このダイエット法がうまくいく事が証明されています)、医学的な裏付け(タンパク質や炭水化物に関するよくある神話を一掃してくれています)が詳述されています。またそのダイエットをうまくやるためのアドバイス(取り組み方、血圧や心拍数、食品ラベルの読み方)、消防署の昼食で実証済みの100以上のレシピーも含まれています。自宅でできるも筋力及び負荷エクササイズ含まれています。

このダイエットはすでにやっていたと誤って考えていたので、「消防士ダイエット(The Engine 2 Diet)」を買うことには抵抗がありました。特に有酸素運動、筋力と柔軟トレーニングからなる定期的なフィットネス・プログラムに加えて、ビーガンの食事をしていたし、最小限の砂糖のみの自然食品だけを食べていましたので。

でも友人からビーガンの食事はどうするのと聞かれたとき、私の食事法を伝えるのではなく、エセルスティンの本を送った方が簡単だと思いました。また私も1冊購入しました。その時です。消防士ダイエットがビーガンとか自然食品とか砂糖も使わない以上のものだったのが分かったのは。それは脂肪とかナトリウムも制限するのです。それは、28日間の二つのダイエット法です。一つは、初心者向けで少しずつ自然食品に慣れていきます。もう一つは消防士用で速い速度で慣れさせます。行きつく先は一緒ですが、ペースだけが違います。

初心者向けは次の通りです。

・第1週:乳製品、加工食品、全粒でない白米・白パスタ・白パン等の精製食品は食べない。エセルスティンは、乳製品を「病気を招く栄養学的に問題のある濃縮された高カロリーの液状の肉」と呼んでいます。加えて、加工食品や精製食品には食物繊維が含まれていないし、ビタミンやミネラルが不足していると指摘しています。

・第2週:第1週のものに加えて肉、鶏肉、魚は食べない。エセルスティンが言うように、赤身、鶏肉、魚どれも飽和脂肪酸、コレステロール、健康に良くない動物性タンパク質ばかりです。

・第3週:添加された油、抽出油はすべてやめましょう。消防士ダイエットはそのままの栄養素豊かな食事を基本としています。植物油は植物から抽出されたものですが、エセルスティンが指摘するように、抽出されたものは、精製・濃縮されたこの世で一番の高カロリーのかたまりです。本の中では、くるみ、亜麻仁、大豆、葉物野菜からよりヘルシーな形で脂質を取ることを勧めています。

・第4週:上記全部。乳製品、精製食品、肉類、油脂は食べない。

消防士ダイエットの追加の役立つ助言:

・食品中の脂質からのカロリーは全体の25%以下とすること。

・ナトリウムは取り過ぎないよう、1食中のナトリウム量(mg単位)は、カロリー量(kal単位)を超えないこと。

・砂糖は加えないこと。

上記の初心者向けと消防士向けの唯一の違いは、消防士向けは全部無しから始めることで、初心者向けはそこまで2週間かけます。

どちらのやり方でも、4週間という期間では、ふつうの人には消防士ダイエットを行うことは実現可能とは思えません。4年前には植物中心の自然食品に熱心に取り組み始めましたが、動物性食品をやめるのに数か月かかりましたし、砂糖と油と塩をやめて自然そのままの未精製の食品を食べるようになるのに、更にもう数か月かかりました。

自然そのままの食事を4年間続けたので、消防士ダイエットのすべては論理的進行、求めて努力するものだと思っていますが、簡単とは自分を納得させられません。ふつうのアメリカ人の食事をしている人であれば、消防士ダイエットの方がキャンベル博士の「1か月の挑戦」より何倍も簡単だと思います。と言うのは、ヘルシーではないのですが、ある程度の油、砂糖、塩を使えるので、肉食から自然食品にスムースに移行できるので。

消防士ダイエット及びその運動プログラムは、急激に体重を落とすための、究極的な健康と活力のための処方箋であることはうなずけます。でも、信じられないほどの強いやる気と家族とか友達、同僚等の助けがないと、動物性食品を食べないようにすることは、多分、最初に照準を合わせるには高望み過ぎるくらいの目標でしょう。

書名やスパルタ的な外観からわかるように、消防士ダイエットとそのエクササイズは医学的な緊急事態対応には役立つでしょう。実際、エセルスティンの同僚は、コレステロール値を344から196に下げました。緊急事態ではない人は、消防士ダイエットをやらないだろうし(友人にこの本を進呈しましたが、本を読む時間もないようです)、よりより生活をするための小さな改善や環境を守るための小さな改善もやらないのではないかと心配しています。

この本の美的な面に関して言えば、出版社はターゲットとする男性層をもっと調査すべきだったし、もっと写真があれば読みやすかったでしょう。また、エクササイズの説明は白黒の写真でしたし、食べ物レシピーの部分は写真が使われていません。でもエセルスティンのウエブサイトで補うことができるでしょう。誤解はして欲しくないのですが、この本は、私にとっては、数年前に読んでいれば非常に価値があった本です。消防士ダイエットは、全てをやらなければいけないので、心の準備が必要であることを肝に銘じて下さい。

This post is also available in: 英語

コメントを残す