Category Archives: レシピ

ビーガン オートミール・ブルーベリー・マッフィン

 

皆さん(少なくともクウェーカーオートミールの容器を見たことのある皆さん)は、オートミールが心臓に良い(心臓の血管をきれいにする)ことは知っているでしょうが、コレステロールを減らし、健康を劇的に改善する最も効果的に方法は、単純・簡単で、食事から動物性食品を除けばいいことを分かっていればですが。

最近ホノルル空港で、スターバックスの外側の看板にボール一杯のオートミールの写真を見ました。その後、Entrepreneur Magazine(起業家マガジン誌)の記事でこのトレンドを確認できました。2008年以来、米国のスターバックスではオートミールを販売していますが、連邦医療保険改正で決められた熱量(カロリー)と表示方法に従う必要があるので、マクドナルドを含めた全国のファーストフード・レストランでより健康的なメニュー、例えば、食物繊維が豊富な全粒オートミール等を提供する予定だそうです。

朝食にオートミールを食べてもビーガンと言えませんが、大手チェーンレストランがオートミール(乳製品や砂糖、化学保存料まみれでないことを願いますが)をメニューに載せることによって、植物性食品のメリットを皆に気づかせてくれることに越したことはないのです。 Continue reading

紀元前3000年前からあるキャンディー

去年アメリカへ行ったとき、知人が子供の頃から大好物だったハルヴァというお菓子を薦めれました。世界で最も古い紀元前3000年までさかのぼるといわれている中東から始まったキャンディーだそうです。

とても美味しいと言っていたので半信半疑でハルヴァを買いに出かけましたが、普通のスーパーに置いてなくて、ホールフーズマーケットでゴマのハルヴァを買うことができました。後で気づきましたが、残念なことに卵が入っていてがっかりしました。

それからというもの、どうしても食べたくなってきたので、レシピを探がしたら沢山ハルヴァの種類があるんですね。主なハルヴァは大きく分けて2つあるようで、小麦粉ベースとナッツバターベースでした。それぞれは牛乳、バター又は卵そして砂糖が沢山入っていることがわかりました。

そしてついに、私が望んでいたレシピを発見しました。動物性食材を使わないし、素晴らしい事に砂糖の代わりにナツメヤシの実を使います。実際作ってみったら、食感は、「しっとり」と「サクッ」の間で、口の中に入れると、ホロホロと溶けて、やさしい甘さと香ばしさが広がり、ずっと味わっていたいような名残惜しい気持ちになります。早速、知人にも食べさせたらかなり好評でした。

ハルヴァはデザートだけではなく、栄養も豊富でカルシウム、鉄分とタンパク質が多く含まれています。コンパクトに収まるので登山やハイキング時に便利なスイーツです。

10個 30分

<材料>
250g  ゴマ(洗いゴマ)
50g ナツメヤシの実 細かくみじん切り
1個さじ バニラエキストラクト
¼カップ ピスタチオナッツ 細かくみじん切り
<作り方>
フードプロセッサーでゴマがペースト状になるまでプロセスする。必要に応じて側面についたゴマをスパチュラで落とす。
フードプロセッサーが熱を持ち始めたら休憩しながら熱を冷ます。自家製タヒニの出来上がり。
みじん切りしたナツメヤシの実、ピスタチオナッツとバニラエキストラクトを追加しプロセスする。
必要に応じて側面についたナツメヤシの実とピスタチオナッツをスパチュラで落とす。
タヒニと混ざり合って粒上のペーストになるまでプロセスする。
フードプロセッサーから取り出し手でこねながら混ぜ合わせる。
<Tips>
フードプロセッサーでゴマをグラインドし油を加えずにタヒニを作りましたが、プロセッサーがとても熱を持つほどでしたのでタヒニを買って使う方が簡単かもしれません。
お好みに合わせてプルーン、ドライチェリー、アプリコット、ココナッツ、ココアパウダーやその他ナッツを追加してもよいし、もっと甘くしたい場合はナツメヤシの実を追加するとよいです。

豆乳抹茶ラテで、ミルク入りコーヒーと別れる方法。(数世紀に及ぶ伝統と共に)

ミルクと砂糖はエスプレッソの味を台無しにしてしまう、カプチーノ?そんなもん飲む野郎は本物の男じゃねえ、とゆるぎない信念をもつイタリア人のように、伝統を重んじる純粋な日本人は、抹茶が、ラテからアイスクリーム、そしてオレオクッキー、ペロペロキャンデー、あげくはマティーニにまで使われていると聞くと、ショックを受けるのではないだろうか。

日本の緑茶に始めて挑戦するガイジンの中には、砂糖をいれてしまった人もいることだろう。(だいたい、なんで砂糖がテーブルの上にあるんだ?)しかしながら、日本の文化と料理を深く愛する人々は、緑茶はストレートで戴くほうを好む方がほとんどであると思われる。だから先日、ある日系アメリカ人の女性が緑茶に砂糖を入れているところを目撃して、僕はびっくりした。素晴らしいマクロビオティックのディナーを我々に振舞ったあと、彼女は

「『抹茶ラテ』はいかがですか、」

と聞いてきた。私はミルク(乳成分フリー)は朝食のシングルのカフェラテだけ、という制限を自分に課していることを説明すると(これはカロリーを考えてのことでイタリア人のタブーに敬意を表しているわけではない)彼女は

「とにかく試して御覧なさい、」という。

そのドリンクは、甘みを加えたバニラの豆乳と蜂蜜とミックスされた緑茶のティーバッグを使い、ほんのちょっぴりの抹茶パウダーをふりかけたものだった。その抹茶風味の豆乳ドリンクは、蜂蜜と砂糖の甘さに驚くほどに圧倒されていた。

それ以来、僕は京都(宇治)抹茶のリッチなテイストと、甘くない豆乳でつくる抹茶ラテのとりこになった。あるとき朝食のオートミールに抹茶を組み合わせる考えが浮かび、それ以来チャイ・ラテやカフェ・ラテの変わりに抹茶ラテにして楽しんでいる。みなさんもどうぞ試してみて、ぜひ感想を教えてください。

抹茶ラテ レシピ

(一人分)

乳成分を含まない抹茶ラテを家で作るのはとてもかんたんです。

材料

抹茶粉末 大匙1/2

*熱いお湯 1/2カップ

豆乳または他のお好みの乳成分を含まないミルク 3/4~1 カップ

*(沸騰させないでください。約65-85度がいいでしょう。熱くし過ぎると、抹茶に含まれる抗酸化物質(カテキン)の働きを弱めてしまいます。

つくり方

小さなボールに抹茶粉末をいれます。熱いお湯を大匙2,3杯入れてください。竹か金属ワイヤーの泡だて器で、なめらかに泡立つまで混ぜてください。(円を描かずに、前後に動かしてください)残りのお湯をいれて味見してください。

抹茶を温めた乳製品を含まないミルクが入ったカップに注いでください。私は便利なので電子レンジを使いますが、もしエスプレッソマシンをお持ちなら、ぜひミルクをたっぷりあわ立ててください。きっとますますクリーミーで贅沢な味わいになることでしょう。

注意:純正の抹茶は、その独特の栽培方法 (収穫の前に直射日光を遮るため 日除けの下におかれる)と精製 方法(粉末に加工。つまり 皆さんは茶葉を全てまるごと取り込めるのです。 )のおかげで、栄養的に 言っても、緑茶と緑茶粉末よりも何 倍も健康的です。栄養分(アミノ酸)も10倍、 抗酸化成分 も100倍です。(アサイベリー、 ブルーベリーよりも多いのです。

抹茶にはまた、コーヒーの半分以下のカフェインしかありませんし、よりゆっくりしたスピードで消化されるので、コーヒーによくあるように、アドレナリンを大量に発生させることもありません。

この記事を書くにあたり、NutritionFacts.org.のサイトで、緑茶と抹茶のもつ健康的な恩恵について、さまざまな役立つ情報を参考にさせていただきました。