Category Archives: ヴィーガン

悟り覚るSATORI HAWAII

Satori Hawaii is a vegan pop-up at Soto Mission

めぐみオーディンさんは、彼女自身の創造的なインスピレーションにより始めた最愛のレストラン、ピースカフェを5年前にスタートさせましたが、昨年譲渡しました。

9月よりSATORI HAWAIIをホノルルで始めたシェフのめぐみさんは、近代的でグルテンフリーそしてヴィーガンでもある精進料理をハワイの曹洞宗(1708 Nu’Uanu Ave)にて、毎週土曜日に開催しています。
めぐみさんは、アメリカでヴィーガンレストランを広めていく事が使命だと感じています。
しかし、彼女自身アメリカ人がどこまで和風のヴィーガン食を受け入れる事ができるのか分かりませんでした。

Continue reading

エスプレッソ飲料をミルクなしで楽しむための「4つのM」


朝のカプチーノやラテは乳製品の摂取をやめ、より健康的な食生活とライフスタイルへ移行する妨げになるのでしょうか?

多くの人にとって、コーヒーに植物性ミルクを入れることに変えるのは少し抵抗があるかもしれません。大手チェーンのコーヒーショップは豆乳にすると追加料金がかかりますが、エスプレッソ飲料に牛乳を入れないことがヴィーガンになるきっかけ作りに必要なことかもしれません。 Continue reading

ホノルルでも、ローフードよりやはりスープの勝ち!

ラビング・ハットのフォー 写真提供 ハンナ・カミンスキーこの冬の間にはハワイに居てさえも、やはりスープは大変喜ばしい食べ物だし無くてはならないものである事を実感した。皆様がいつも好んで食べている料理のより健康的なビーガンバージョンを紹介できる事が嬉しいです。
最近ホノルルに居る読者からこんなリクエストを受けました。
私のルームメートが今晩のご飯はヘルシーに行こうって言うから、カピオラニのビーガンレストランの前を歩いたのを思い出しました。
おすすめのいい所とか食べ物とかありますか?」

彼女が言ったのは、きっとグリーンズアンドヴァインズカピオラニ通り909番)のことだけど、ホノルルの天候って、昔から寒いです。(そう、比較的寒いって意味)なので生野菜のローフードを選ぶのは、植物性食品を食べるという点で彼らを説得できるとは思わないなと思いました。

Continue reading

グリーンスムージーで視力を回復できるか?

植物中心の自然食品ダイエットを何年も続けていた私でも、グリーンスムージーガールに会うまでは、グリーンスムージーの驚異的なパワーを認めていませんでした。

3月に開催されたハワイ・ベジタリアン協会でのグリーンスムージーガールことロビン・オープンショーの講演「1日10分で超健康に」はすごく刺激的でした。試しにメガネを外してみると、ここ30年で初めてメガネが不要になりました。

時間をかけずに一番健康にインパクトのあることを実行することがロビンの哲学です。「みんな、よい食事をしたいと思っているのだけれど、どうしたら良いかわからない、ということが、いろいろな所を旅行して、何千ものメールをもらってわかりました。なぜなら、われわれの世代は母、祖母から家庭料理を習ってこなかった最初の世代なのです。」と彼女は説明します。

ロビンの目標は、ロビンの講演を聞いてくれた人が、毎日1リットルのグリーンスムージーを飲み始めてくれて、最少のカロリー、最大量の微量栄養素(ビタミン・ミネラル)を含む食品を、苦痛なく安価に食べてもらうことです。

これは、最も健康的な食事はH=N/C比の高いものと「栄養素学的食生ピラミッドNutritarian Food Pyramid」の中で定義したジョエル・ファーマン博士の仕事に基づいています。ここでNは微量栄養素、Cはカロリーで、Nを最大にCを最少にすると最も健康的になります。また、摂取カロリー当たりの微量栄養素密度があなたの将来の健康を左右するとも述べています。

 

Continue reading

究極の消防士ダイエット

ビーガン向けの食事についてのアドバイスや簡単でおいしいレシピーを探しに、このサイトに来てくれている人もいるかもしれませんが、乳製品やたまごも含む動物性食品を食べずにビーガンはどのように生きていけるのかだけに興味を持って、ここに来てくれた人もいるでしょう。

ビーガンは、厳格なベジタリアンと一般に言われていますし、ベジタリアンですらビーガンになることは大変すぎると思っているようです。でも、ビーガンで長くいると、ビーガンになったばかりの時の頑張り感は感じません。

ビーガンになろうと考えている人にとっては、ビーガンの食事に関する誇張は抗しがたいものでしょう。ビーガンとしての生活を少しでも楽にスタートするために、「菜食ベースの自然な食事」を勧めています。食べていけないものを考えるのではなく、これから食べられるたくさんの植物性食品に目を向けましょう。

「葬られた『第二のマクガバン報告(The China Study)」を初めて読み、著者コリン・キャンベルが勧める1か月の挑戦(今まで、ずーとチーズバーガーを食べ続けていたとしても、1か月ぐらい食べなくても死にはしない、というもの)には準備ができていると思った時、菜食ベースの食事に移行するための助けとして、なぜ、この本の出版社が中国に学んだ(China Study)食事法レシピーの本を出版しないのか不思議でした。

実は、リップ・エセルスティンの「消防士ダイエット(The Engine 2 Diet)」には、そのレシピーが書いてあります。 Continue reading

「動物大好き」なのに、動物食べるの?

今日、東京の代々木公園をぶらぶらしていると、動物愛護運動の活動家数名が動物実験に反対するためのデモのチラシを配っていた。わたしは、自分が自然食品(ホールフーズ)の植物を主体としたビーガン食生活をしていることを伝え、そして彼らもそうなのかと思っていた。

ひとりの女性が、「自分は出されない限りは肉は食べません。(つまり、もし自分が食べなければゴミになってしまうので仕方なく頂く。)」と言った。別のひとりは、「ビーガンになるのは理想的だけど、ビーガンじゃないからって、動物を助けることができないわけじゃない、たとえばウサギを動物実験から救い出すこととかね、」と言った。 わたしは、

「動物が日常的に虐待され、そして食物として殺されているという事と、動物実験に反対しているという事に対してどう思う?」とたずねてみた。

ビーガン食の愛好者としてスタートを切った私ではあるが、いまとなっては動物の権利を守るということにかけては、普通の動物好きな人達よりも熱心な支持者であるように思う。なぜなら、目的はどうあれ動物を何かに利用するとなど全く必要のないことだということがよくわかるからだ。実際、PETAによれば、動物が一番苦しむのは、食品生産に起因するものであり、続いて衣類の生産、動物実験、そして娯楽(動物園、サーカスなど)であるという。

もしあなたが、家で飼っているペットを愛していて、動物も全般的に好きだというなら、その自分が魚や、牛、豚や鶏、もしくは彼らの苦しみの産物としての卵や、ミルク、乳製品を食べることができるということを、どのように考えているのだろうか?

紀元前3000年前からあるキャンディー

去年アメリカへ行ったとき、知人が子供の頃から大好物だったハルヴァというお菓子を薦めれました。世界で最も古い紀元前3000年までさかのぼるといわれている中東から始まったキャンディーだそうです。

とても美味しいと言っていたので半信半疑でハルヴァを買いに出かけましたが、普通のスーパーに置いてなくて、ホールフーズマーケットでゴマのハルヴァを買うことができました。後で気づきましたが、残念なことに卵が入っていてがっかりしました。

それからというもの、どうしても食べたくなってきたので、レシピを探がしたら沢山ハルヴァの種類があるんですね。主なハルヴァは大きく分けて2つあるようで、小麦粉ベースとナッツバターベースでした。それぞれは牛乳、バター又は卵そして砂糖が沢山入っていることがわかりました。

そしてついに、私が望んでいたレシピを発見しました。動物性食材を使わないし、素晴らしい事に砂糖の代わりにナツメヤシの実を使います。実際作ってみったら、食感は、「しっとり」と「サクッ」の間で、口の中に入れると、ホロホロと溶けて、やさしい甘さと香ばしさが広がり、ずっと味わっていたいような名残惜しい気持ちになります。早速、知人にも食べさせたらかなり好評でした。

ハルヴァはデザートだけではなく、栄養も豊富でカルシウム、鉄分とタンパク質が多く含まれています。コンパクトに収まるので登山やハイキング時に便利なスイーツです。

10個 30分

<材料>
250g  ゴマ(洗いゴマ)
50g ナツメヤシの実 細かくみじん切り
1個さじ バニラエキストラクト
¼カップ ピスタチオナッツ 細かくみじん切り
<作り方>
フードプロセッサーでゴマがペースト状になるまでプロセスする。必要に応じて側面についたゴマをスパチュラで落とす。
フードプロセッサーが熱を持ち始めたら休憩しながら熱を冷ます。自家製タヒニの出来上がり。
みじん切りしたナツメヤシの実、ピスタチオナッツとバニラエキストラクトを追加しプロセスする。
必要に応じて側面についたナツメヤシの実とピスタチオナッツをスパチュラで落とす。
タヒニと混ざり合って粒上のペーストになるまでプロセスする。
フードプロセッサーから取り出し手でこねながら混ぜ合わせる。
<Tips>
フードプロセッサーでゴマをグラインドし油を加えずにタヒニを作りましたが、プロセッサーがとても熱を持つほどでしたのでタヒニを買って使う方が簡単かもしれません。
お好みに合わせてプルーン、ドライチェリー、アプリコット、ココナッツ、ココアパウダーやその他ナッツを追加してもよいし、もっと甘くしたい場合はナツメヤシの実を追加するとよいです。
Link

松田泰一の良心との戦いは、日本で外食を楽しむ人たちや世界中の動物愛護家にとって素晴らしい結果となった。

すべては、京都南部で人気の『焼肉屋』のオーナーが、インターネットで家族のペットを探すことから始まったが、その結果、泰一は動物愛護運動のウェブサイトを見つけた。

その時に初めて泰一は、(ペットとして売られている)動物がブリーダーやペットショップオーナーの手により虐待を受け、食肉の製造が家畜にいかに残酷で、環境汚染につながるかを知った。そして、動物性食品を摂取することが、いかに人の健康に害を及ぼすかについても。

多くの人たちと同様に、泰一は、生きるために肉食が必要だと考えていた。しかし、彼は肉食について学ぶにつれ、その価値観に疑問を感じ、ビーガンのライフスタイルが彼にとって正しい道であると考えるようになった。1週間で、泰一は肉と魚を食べるのをやめ、じきに卵と乳製品もやめた。

彼は自分の選択をひと月ほど秘密にしていたが、彼の妻が疑いの目を向けた。「どうして肉を食べなくなったの?」と彼女は尋ねた。過去10年間、焼肉屋の経営で生計を立てていたため、彼は妻に打ち明けるのを躊躇した。しかし、ありがたいことに、アツコと3人の幼い子供たちは彼のビーガンとしての信条を共有することに同意したが、かつて肉好きだった泰一が彼の新たな決心がどれほど続くかは疑問だった。

泰一は自分がビーガンであり続けることについては自信があったが、彼が経営する焼き肉レストランをどうしたらよいかについて何か月も悩み、落ち込むこともあった。

Continue reading